TOP > 青汁の基礎知識 > 原材料について

青汁の原材料について

原材料は様々一言に青汁といっても、原材料は様々です。最も一般的に使用されているのは「ケール」ですが、その他にも「大麦若葉」や「明日葉」や「緑茶」などを使った青汁も多くあります。

それぞれの原材料によって栄養価が違うのはもちろん、味の特徴や飲みやすさ、効果効能などに違いがあります。

ここでは、主に使用されている5つの原材料についてまとめてみました。


ケール大麦若葉明日葉緑茶桑の葉



ケール

ケールアブラナ科の野菜でキャベツやブロッコリーの原種であるケール。

その味は苦味があり、クセも強いですが栄養は満点。ビタミンB,C,Eや食物繊維、他にもカルシウムやカリウム、ナトリウムなどが豊富に含まれています。

日本ではあまり店頭で見かけることのない野菜ですが、原産地の地中海沿岸地方ではサラダなどにして生のまま食べられています。

ケールの特徴はなんといっても「スーパー野菜」と呼ばれるほどの栄養価。現代人の食生活に不足しがちなビタミン類はもちろん、食物繊維が便を柔らかくし、便秘の予防・解消に役立ちます。

またケールの葉緑素には、造血作用や血管内にできる血栓の予防効果があるため、高血圧の予防や改善、また悪玉コレステロール値を下げる効果が期待できます。



大麦若葉

大麦若葉こちらもケール同様青汁の原材料としてはポピュラーな大麦若葉。大麦若葉の特徴としては、ケールよりも苦味やクセがなく、その青汁は抹茶のような味で飲みやすいということ。

もちろん栄養価も豊富で、ビタミンA・B・Cや、食物繊維、葉緑素、亜鉛、カリウム、カルシウム、マグネシウム、マンガン、SOD酵素、などなどたくさんの栄養が含まれています。

特にビタミンB1、またビタミンCが豊富で、これらが体内の新陳代謝を促進し、さらに食物繊維の効果でお通じも良くなります。

また大麦若葉に含まれるSOD酵素は体内で過剰に増えた活性酸素を中和する働きがあり、生活習慣病に効果が期待できます。この結果、大麦若葉はアンチエイジングや美肌にも良いというわけです。



明日葉

明日葉明日葉とは、『今日摘んでも明日には新しい芽が出る』といわれるほどの強い生命力を持った植物です。

もちろん青汁の原材料としてもポピュラーであり、ケールと比べると食物繊維やビタミンB2が特に豊富に含まれています。

明日葉の特徴はその生命力だけではありません。近年では明日葉にだけ含まれている特有の成分、「カルコン」が注目されています。
このカルコンという成分は、優れた抗酸化作用を持ったポリフェノールの一種で、胃酸の分泌を抑えたり、抗菌作用や抗酸化作用などの効果があります。

他にもカリウムに含まれるデトックス効果でむくみやセルライトの解消にも役立ちます。



緑茶

緑茶緑茶青汁とは、主にケールや大麦若葉などの原材料で出来た青汁に緑茶をブレンドしたものを指します。

緑茶がブレンドされると、青汁特有の臭いやクセをまろやかに消し去り、格段に飲みやすさがアップします。まるで抹茶のような爽やかな風味に驚くことでしょう。

緑茶を混ぜることによって飲みやすくなるだけでなく、緑茶に含まれる栄養素「カテキン」の効果がプラスされます。

カテキンには抗酸化作用があり、老化を抑制する他、血中コレステロール値の低下、高血圧予防、また口臭予防にも効果があります。 さらにカテキンには脂肪を燃焼しやすくし、体脂肪が蓄積されるのを防ぐ効果があるため、ダイエットにも有効です。

日本人として親しみやすい緑茶の風味で飲みやすく、特に青汁を飲むのが初めて方にも続けやすいため、オススメです。



桑の葉

桑の葉桑の葉とは、蚕の餌として用いられていることが有名ですが、それ以外にも古くから生薬としても親しまれています。

特に桑の葉に含まれているDNJという成分が鍵で、この成分は血糖値を抑える働きがあります。おかげで古くから糖尿病の治療薬として親しまれている他、高血圧の予防にも役立ちます。

それ以外にもビタミン類、ミネラルが豊富であり、ケールと比べてもビタミンEは約10倍、ビタミンAは約6倍と、高い栄養価を誇っています。

桑の葉は栄養価の高さや薬効としての効果だけが売りではありません。豊富な食物繊維やポリフェノールでダイエットやアンチエイジング、また少量ではあるものの、GABAが含まれており、ストレス対策にも役に立ちます。

まさに万能の葉といっても過言ではないのです。